ヘルシー、おいしい、魅力いっぱい

天然の甘さ、食べ方いろいろ

地中で育つヤーコンヤーコンの原産地は南米アンデス山脈地方。日本では、いわゆる健康野菜に区分されていますが、地中で育つ根(見た目はサツマイモのよう)は甘く、水分含有率が高いので、まるでフルーツのよう。生で食べると梨のようにみずみずしく、シャキシャキした食感が楽しめます。

加熱することでさらに甘みを増し、炒めても、煮ても、揚げても、おいしく召し上がっていただけます。

天然の甘みと、ほのかな渋み・苦み・酸味が一体となった「深いうまみ」を、ぜひご賞味ください

海外で人気の低GI食品

ヤーコンフラクトオリゴ糖の含有率が高いヤーコンは、血糖値が上がりにくい低GI(Low Glycemic Index)食品として、海外の健康志向の高い人々に人気を博しています。

国内でも、ローフード(野菜や果物を加熱せず食べる食事法)、ヴィーガン(動物性の食物を摂らない、動物のものを身につけない)など、食生活にこだわりを持つお客様に、特に好評です。